麻布 竹谷町

東京都 港区 南麻布1丁目の町会「麻布竹谷町」。ちょっと面倒でもあたたかい地域の絆を体験してみませんか?

歴史

概要

明治時代までは大名の下屋敷が点在する原っぱ。明治の終わり頃からぽつぽつと人家が増えました。坂上が分譲されて高級住宅地ができました。第二次大戦後、町工場が出来坂下はいわゆる町工場の町になります。町会活動が一番活発だった頃と思います。バブルの頃から相続税の問題で町工場が減り、マンションの町へと変貌していきます。

新編武蔵風土記稿より

小出主水の抱え地のあたりを竹谷と言う。昔はねくるみ村とも唱え、鶯の名所と言う。

文政町方書上より

本村町の西の方新町裏通りに竹ヶ谷ッというところがある。むかしはねくるみ村といい、鶯の名所という。

東京府資料より

明治二年、仙台藩邸と新屋敷の一部を合併して、あらたに麻布竹谷町とした。

「御府内備考」新撰東京名所図会より

善福寺の近傍仙台坂(官版地名字引)本村町の西の方裏通りに竹ヶ谷ッというところがある。むかしはねくるみ村といい、鶯の名所という。また巣立野というところもあった。

東京案内 より

西北に丘陵を負い、東は麻布東町に続いている。また麻布村の一部で、明暦年間(1655~1657)旧仙台藩伊達氏の別邸となり、明治2年付近の武家地を合併し、西隣本村町に竹谷の旧称があるのをとって町名とした。

東京史稿 より

明治5年、武家地を合併してあらたに麻布竹谷町とした。

麻布区史

全町略略方形の傾斜地で、明暦年間仙台藩伊達侯の別邸を設けられてより明治に及び、同2年付近の土地を合して今日に至った。町名は古来ここを竹ヶ谷と称したことによる。別にねくるみ村の称あり、古くは鶯の名所で巣立野といった。 六番地の仙華園は、明治の中期舊伊達侯下屋敷の一部に開いたものであるが、その栽培の盆栽花卉類は明治から大正へかけて東部に鳴り響いたものである。

町会委員名簿先付けより

麻布竹谷町台地 D6から東南に斜面へかかっている。明暦年間(1655~1658)仙台伊達侯(松平陸奥守)の下屋敷が現町域の全体に設けられ、享保8から10年(1723~1725)に、その東部3分の1が旗本などの屋敷となった。以来幕末まで変化無く明治5年に現町名を付けたが、古来、里俗に竹ヶ谷と呼んだことによる。別にねくるみ村の称もあり、うぐいすの名所として、巣立野とも呼ばれた。「うぐいすをたづねたづねて阿佐布まで」という芭蕉の短冊は、隣地本村の名主の家に所蔵されていたものと言うが、巣立野と呼ばれていたことと関係があるのだろうか。町北辺の坂を仙台坂というのは無論前期の仙台屋敷があったのに基づいている。明治の末になっても、いたって人家はまばらで町域の大部分は空き地と藪であり、植木商の仙華園が見物客を集めていた。その後町の北の大部分を占めて松方邸となり、町東にも、しだいに人家が出来たが、町西は昭和初頭なお空き地にとどまっていた。

新生竹谷町会は大正5年生まれ!

西暦2006年には町会誕生90周年を迎えました。